WEBデザインを極めて情報の吸収速度を伸ばす

大量の情報を目にしたときは、内容が同じでも表示レイアウトが異なるだけで情報の吸収速度に影響があります。
万人にとって視認性が高いレイアウト上で確認できる情報は、読む回数が少なくても記憶に定着しやすいです。
これを可能にしているのは、WEBデザインの能力です。
高度なWEBデザインを多数知っていて使いこなせる場合は、情報の種類に応じた作品を作り出せます。
とすると、作者が膨大な情報を短期間で吸収したいときにもWEBデザインの能力は活用できます。
誰かのためではなく、自身を成長させる目的でWEBデザインを極める人は少なくありません。

格子状の表示領域は、教科書レベルのものを改良しないまま用いると視認性に欠けます。
枠の太さを変化させたり必要に応じて着色することによって、収められた情報が見やすくなります。
また、文字そのものに手を加える作業も効果的です。
大きさを調整したり、文字の上下の幅を広く取るなどといった修正方法は多用されています。
全体的に洗練されたデザインになっていなくても、情報に目を通して視認性が高ければ完成していると言っても過言ではありません。
誰かに見せるわけではなく、あくまでも作者が利用すための存在だからです。

WEBデザインの勉強について

WEBデザインを勉強するには、まず目的が何かを把握する必要があります。
趣味でWEBデザインをするのであれば、趣味でお絵かきするのと同じですので、自分の感覚で好きに書けばいいです。
ただ、普通、WEBデザインの場合には、仕事で行う場合が多いはずです。
当然、自分の趣味でデザインするわけにはいきません。
たまたま、自分の趣味とクライアントの意向が一致した場合には、自分の趣味が仕事になりますが、一般的にはあまりそういうことはありません。
ターゲットユーザの嗜好により、求められるWEBデザインは違いますし、売る商材により、求められるデザインは違います。
また、クライアント企業のイメージアップのためのデザインも、また違うものです。
デザイナーはイラレやフォトショップを使えればいいと思っている人は大間違いです。
開発ツールを使えるのとデザインが出来るのは全く違います。
まず、自分の得意分野のデザインを作りましょう。
女性向け化粧品なら化粧品でいいです。
化粧品を買うユーザがどんなサイトを好むのかは調べればわかります。
そして、そのサイトのデザインの分析を行っていけば、自然とデザイナーの能力は上がって行きます。
何個も分析すれば、クライアントの要望にもすぐ答えられるようになります。

pickup

大田区 税理士
http://www.kayo-kobayashi.com/
大阪 相続
http://osakayodoyabashi.zaisan-osaka.com/
ハリーウィンストン オーシャン
http://www.couronne.info/shopbrand/ocean/
メンズ脱毛
http://xn--q9js5spfpd8124bnh5a.jp/
バイアグラ購入
http://chobi-hige.net/cat/item/itemgenre/viagra/
表札作成
http://www.design-plate.com/
渋谷 貸切
http://r.gnavi.co.jp/gc8j002/
古本買取
http://furuhonkaitori.jp/

2016/11/10 更新